山下智久、ライバルに囲まれて過ごしたジャニーズJr.時代の経験を語る

JNEWS 1

7月13日発売のAERA 7月20日号に、俳優・歌手として活躍している山下智久が登場する。30の国と地域で配信中のドラマ「THE HEAD」にメインキャストとして出演し、エンディング曲で歌手としても世界デビューを果たす山下。3ページのカラーグラビア&インタビューでは、単身で挑んだ海外での撮影や、ライバルに囲まれて過ごしたジャニーズJr.時代の経験について話している。

B089TT3V4Q

山下智久が出演したドラマ「THE HEAD」は、南極の科学研究基地で起こる連続殺人を描いたミステリー。アメリカ、イギリス、ドイツ、デンマークなど各国からキャストが集結し、スペインやアイスランドで撮影された。すべて英語の環境に単身で乗り込んだことは、自分にとって全く新しい挑戦だったという山下。振り返って、「どんな未来が待っているんだろう、みんなと仲良くなれるかなとか、不安とドキドキで、最初は小学校の入学式みたいな気持ちになりました」と話します。恋人を演じた俳優との「デート」などを経験しつつ、日本とは異なるやり方で、役柄の裏の部分まで掘り下げる方法を学んだと話している。

インタビューが進むうち、山下の負けず嫌いな一面も見えてきた。「(英語力不足など)現実を突きつけられると燃える」「子どもの頃、ライバルだらけのなかで勝ち残っていかなきゃいけないジャニーズJr.として過ごした影響」「とにかく練習して、1ミリずつでも進んでいくしかない」とストイックな言葉が続く。一方で、自分のためだけに頑張ることの限界も吐露している。

スポンサーリンク


巻頭特集は、「『やせ脳』になって、もう太らない」。日本人の4割が「体重増」を経験したという自粛生活。実は、単純な食べ過ぎや運動不足が原因なのではなく、不安感やストレスが招く脳の快楽中枢の暴走がもたらしたもの。特集では、脳の暴走を押さえる「食」や「食べ方」について解説。続ければ、甘いものや脂っぽいものが食べたいと思わなくなる「やせ脳」になり、リバウンドにおびえることもなくなる。

星野源がドラマ「MIU404」の塚原あゆ子監督と雑談する「ふたりきりで話そう リターンズ」はいよいよ後編。今回は、「今なら星野さんのいいところを誰よりも言える気がする」と断言する塚原監督が、「フェチ」についての話を披露する。

AERA(アエラ)2020年7月20日号
定価:364円+税
発売日:2020年7月13日(月曜日)
Amazon:https://amzn.to/327lFOp
楽天ブックス:https://a.r10.to/hD3CIQ

記事提供元:山下智久、ライバルに囲まれて過ごしたジャニーズJr.時代の経験を語る | ググットニュース


Source: JNEWS 1

スポンサーリンク


JNEWS 1
momoをフォローする
ジャニーズマニアックス
タイトルとURLをコピーしました